カードローンとキャッシングはどちらが便利?

カードローンとキャッシングにはどのような違いがあるのかと思う人もいるのではないでしょうか。一般的に銀行が提供しているものをカードローン、消費者金融や信販会社などが提供しているものをキャッシングと呼ばれています。このカードローンとキャッシングの違いは、金融会社の違いとも言えます。カードローンは銀行が提供することもあり、低金利という特徴があります。大手消費者金融では多くが上限金利を18%程度に設定しているのに対し、銀行では14%前後と、金利に大きな差があります。また、銀行によっては、カードローンを利用することにより自動融資が受けられるというサービスを提供しているところもあります。携帯や公共料金を口座から引き落としで支払っているという人は多くいますが、この時にお金を入れておくのを忘れ、引き落としされなかったということはよくあります。このような残高不足が発生した時に、カードローンの利用限度額内で自動融資をして残高不足を防いでくれるサービスです。キャッシングでは、何といっても利便性が高いのがメリットです。どちらもインターネットで申し込みをすることが可能なのですが、このインターネットが不慣れな人にとっては利用しにくいものです。大手消費者金融では全国に無人契約機が設置され、土日祝日問わずキャッシングを利用することができます。どちらが便利かは利用者によって違い、自分に合った商品を利用することが大切です。